選手リレー日記(第34回)ヴァティリアイ・ツイドラキ Vatiliai Tuidraki

Minasan Konnichiwa.

My name is Vatiliai Nalewasuesue Tuidraki. This is my 4th season with Toyota Verblitz. 

My position is Centre/ Wing (Jersey number 12/13/11/14)


皆さん、こんにちは。

ヴァティリアイ・ナレサワスエスエ・ツイドラキです。

トヨタ自動車ヴェルブリッツでは4シーズン目を迎えました。

ポジションはセンターとウィング(ジャージ番号12/13/11/14)です。


In this blog, I would like to talk about my hero. This is someone I have looked up to since I was young and still look up too till today. This particular person have been the glue that held my family together. Have been my number one supporter ever since I picked up my first rugby ball and have been on the sideline cheering me on with the loudest voice. My hero is my Mum, Akosita Lolohea Tuidraki.


今回のブログでは私のヒーローについてお話しさせていただきます。

私は幼少の頃よりこのヒーローを常に尊敬しており、今でもその気持ちは変わりありません。この人のお陰で私たち家族は強い絆で結ばれました。

私が初めてラグビーボールを手に取ったその日からずっと私のNO1サポーターであり、試合で私がプレーをする時には常にグラウンドで一番大きな声援を送ってくれる人です。


そのヒーローとは、私の母、アコシタ・ロロヘア・ツイドラキです。



There have been lots of ups and downs for me growing up. My late father Patiliai Tuidraki was also a player at Toyota. I am very fortunate to be following in his footsteps and looking forward to making my own mark within the Rugby club that has done so much for my family.


幼少期の頃から山あり谷ありの人生でした。

亡くなった父、パティリアイ・ツイドラキもトヨタ自動車ヴェルブリッツでプレーをしていました。今こうして父の足跡を辿りながら、トヨタでプレーができる事をとてもありがたく感じています。トヨタは私たち家族に多くの恩恵をもたらしてくれました。私も父のようにこのチームで功績を残したいです。

↑ The one in the middle (front)is my dad. This photo has taken in 2001 with his Toyota Verblitz family, during their summer camp then.

最前列の中央にいるのが父です。2001年の夏合宿時に撮影されました。



My father passed away in 2002 when I was just 7 years old. Ever since the passing of my father, my mother have done her best to raise my siblings and I by herself. Growing up with a strict mum was not easy. Every time we misbehaved , mum’s favorite question “Moku?” (means “Smack?” in Fijian) always brought us back in line and sometimes tears rolling down our cheeks. This was all done in love and kept us in line. 


私がまだ7歳、2002年に父は他界しました。


父が亡くなってから、母は私、姉、弟、妹を女手1人で育て上げてくれました。本当に厳しい母で、私が行儀の悪い事をしでかすと、フィジー語で「モク?」(ひっはたくよ?)と言われ続けました。この「モク?」の一言で私たち兄弟は常に軌道修正されました。もちろん時には涙が頰を伝う日もありましたが・・・。


I know it was not easy raising four children by herself but my hero always did it with a smile and a big heart. I know there was time my mother wished my father was next to her but she never gave up. She always did her best to put food on the table for us kids. For this I am forever grateful.


4人の子供を母1人で育て上げるのは容易ではなかったはずです。でも私のヒーローは常に笑顔を絶やさず、広い心で私たちを見守ってくれました。母も時には父が横にいてくれたら良かった、と思うこともあったでしょう。でも決して諦める事なく子育てをしてくれました。

そして常に子供達の食料を絶やさないようにベストを尽くしてくれました。

一生感謝しています。


During those tough times. My family’s love for Rugby always remained strong. It was something that made us happy and always put a smile on our faces. Realizing my brother and I strong interest in Rugby, my mother made her best efforts to be on the sideline at our every game. Sometimes I felt sorry for the opposing teams because my mum’s loud cheering definitely scared most of them. Even though I felt sorry for the other teams, my mum’s voice always made me feel invincible. 


今まで困難な時期もありましたが、私たち家族のラグビーに対する愛は大変強いものがありました。ラグビーはいつも私たちに幸せをもたらし、私たちを笑顔にしてくれました。

母はいつも私と弟の試合に可能な限り足を運んでくれ、サイドライン際で、それは大きな声で声援を送り続けてくれました。それも対戦相手たちが怯むぐらいの大声で。いつも対戦相手には申し訳ないとは思いつつ、母の声が自分を無敵にしてくれました。


Although I felt invincible I have never played a good game in front of my Mum’s eyes because she’s always looking for ways in which I should improve my game. She’s my toughest critic. Now playing in Japan means that my mum’s really loud cheering is not always there but I know her prayers are always surrounding me every time I take the field.


自分は無敵だとは思いつつも、母の目前で良いプレーをしたことした事はありません。

母は試合後には常に私のプレーに対する「ダメ出し」をしてくれました。

なぜなら、どうすれば私のプレーが良くなるか?という視点で試合を観戦しているからです。

母は私に対してはとても厳しい批評家なのです。

今の私は日本でプレーをしているので、母のあの大きな声援を試合会場でもらう事は叶いませんが、グラウンドに立つと彼女の祈りに包まれる気がします。


My hero is my mum and her voice have been a massive driving force in my life both on and off the field from a young age. Forever a mamas boy. Love you mum


私のヒーロは母。

母の大歓声は私の人生において、幼少の頃からフィールド内外に関わらず強烈な力を与えてくれます。

そんな私は一生「ママっ子」なのかもしれません。

Love you mum.


I would like to take this opportunity to also thank Toyota for giving me the opportunity to do what I love and provide for my family. I will continue to do my best on and off the field to put smiles on other people’s face just like how rugby did for me in tough times. Thank you


ここでこの場をお借りしてトヨタにお礼を述べたく思います。

私が愛する事をさせていただける機会、そして家族に恩恵をもたらしてくれてありがとうございます。

今後もグラウンド内外を問わず、自分のベストを尽くし、周囲の皆さんに笑顔をお届けできればと思います。

どんな困難があろうが、ラグビーが私たち家族にしてくれたように。


ありがとうございます。

↑ with my mum and little sister

 母と妹と共に


↑ With Takashi Kikutani (ex.TOYOTA VERBLITZ player, ex Japan National Team captain) , my little sister and brother.  In Fiji.

ラグビー日本代表フィジー遠征時。元トヨタ菊谷崇選手(当時日本代表キャプテン)、弟、妹と共に






Verblitz Blog

試合に向けての意気込みだけでなく、身近なプライベートのことなど、選手目線の記事を掲載します。ヴェルブリッツのディープな情報チェック。

0コメント

  • 1000 / 1000