選手リレー日記(第35回)マレ・サウ Male Sa'u

My name is Male Sa'u I am of Samoan descent, I am the youngest of 3 children (1 older brother and 1 older sister) and I was born and raised in South Auckland, New Zealand. At the age of 7 I started to play rugby for my local rugby club but didn’t really enjoy it until my dad started bribing me to play well every Saturday and he would buy me some McDonalds and rent me a PlayStation game if I scored a try. 


マレ・サウです。私の家系はサモアであり、3人兄弟(兄、姉、自分)の末っ子としてニュージーランドの南オークランドで生まれ育ちました。7歳の時に地元のラグビーチームでラグビーを始めましたが、当初はラグビーをエンジョイする事はありませんでした。しかしラグビーをすると父が「ご褒美」をくれたので、それに釣られていいプレーがしたくなりました。ニュージーランドでは土曜に試合が開催されるのですが、試合でいいプレーをすると父はマクドナルドへ連れて行ってくれました。さらにトライをすると父のプレーステーションを貸してくれました。


I played club rugby until I was 15. There were times where I didn’t want to go to training but my father would push me to go and drive me to training even if he was tired from work. Now that I look back, I am grateful to him for always forcing me and the sacrifices he made.


15歳までクラブラグビーを続けました。時には練習に行きたくない日もありましたが、父はどんなに疲れていようが私をグラウンドまで連れて行ってくれました。今になって振り返ってみると、犠牲を払いながらも無理やり私をトレーニングフィールドまで連れて行ってくれた父に感謝しています。



I moved onto first 15 rugby where I was coached by some great mentors who helped me see rugby as a potential career as I wasn’t interested in school academically. When I finished school I was able to sign with Counties Manukau and as I trained I was lucky enough to be selected to represent counties in the nz u19 trials then from there I was selected to represent NZ at the junior world cup and then the following year I was blessed enough to be selected for the NZ under 21s.


クラブチームでプレーした後は素晴らしいメンター(師匠)に恵まれながらラグビーをする事になりました。もともと学校の勉強が得意では無かった私ですが、ラグビーが職業として成り立つ事をメンターから学びました。

学校を卒業した直後にカウンティーズマヌカウと契約、幸運にもカウンティーズマヌカウのアンダー19(U19)に選出され、ニュージーランド代表してジュニアワールドカップに出場しました。その一年後にはNZU21代表(ニュージーランド21歳以下代表)にも選出されました。




After 2 years at counties I was approached by my high school coach/ mentor Waisake Sotutu asking if I wanted to come to Japan to experience the rugby here...and that’s when my journey in Japan rugby started. I came over in 2008 at 20 years old with my wife and daughter with the intention of playing for only 2 years then going home to fulfill my childhood dream of playing super rugby but after 2 years I adapted to the rugby well and my family and I started to really enjoy the lifestyle here so I kept extending my stay and became eligible to represent Japan where I was then selected in 2013 and through playing at an International level I was able to pick up a super rugby contract in 2014 with the Melbourne Rebels so I was excited that I was able to accomplish my childhood dream of playing at that level.


カウンティーズでプレーして2年が経過したころ、高校時代のコーチ/メンターであったワイサキ・ソトゥトゥから日本でプレーしてみないかとの話をいただき、私の日本での挑戦が始まりました。2008年、若干19歳の私と妻は娘を連れての来日を果たしました。当初の予定は日本に2年間滞在し、その後は子供のころからの夢であったスーパーラグビーでプレーをすると決めていました。しかし、日本のラグビーに徐々にフィットし、家族も日本での生活を楽しむようになり、日本での生活が年々延長され、日本代表資格を有するまでになりました。

2013年に日本代表に選出され、そこでのプレーが認められ2014年にはスーパーラグビー(メルボルンレベルズ)でプレーをするチャンスをいただきました。子供の頃から夢を見ていた舞台に立つ事ができとても嬉しかったです。




 I then went on to represent Japan in the 2015 world cup team. Being a part of the Japanese team that made history was an honor and an experience I will never forget. 


その後は日本代表として2015年ラグビーワールドカップイングランド大会に出場、新たな歴史をつくった日本代表としてプレーができた事をとても誇りに思います。一生忘れられない出来事になりました。



I was then offered a contract with the Auckland Blues, a dream come true. In 2018 I decided after 10 years at Yamaha it was time for change so I was blessed enough to pick up a contract with Toyota Verblitz where I am now going onto my 3rd season.


その後はオークランドブルーズと契約を結び、幼少の頃から抱いていた地元のスーパーラグビーチームでプレーをするという夢を叶える事ができました。

日本のヤマハ発動機ジュビロでは10年間お世話になりましたが、2018年に環境が変わった中でチャレンジをする事を選択、幸運にもトヨタ自動車ヴェルブリッツでプレーをする機会に恵まれました。

トヨタでプレーをすること3年目に突入しました。


Through the years I welcomed 2 more children (a girl and a boy) and they have all attended Japanese schools where they have learnt the language and culture. We often like to travel and experience all the fun things Japan has to offer. The lifestyle in Japan has been amazing and the people are so kind and friendly, we enjoy living here a lot. when I’m not training or playing rugby, I enjoy playing my PlayStation online with friends. I also enjoy finding new restaurants to eat at and new foods to try but my favorite food of all time is sushi and ramen.


来日以来、さらに2人の子供にも恵まれ(次女、長男)、子供達はみんな日本の学校へ通いながら、日本語や日本文化を日々学んでいます。

私たち家族は日本国内を旅行する事が大好きで、旅行先でいろいろな事を楽しんでます。日本での生活は素晴らしいです。日本人はとてもフレンドリーで、私たち家族は日本での生活を心から楽しんでいます。

トレーニングのない日はプレーステーションで友達と繋がりながらゲームをエンジョイしています。

知らないレストラン、食べた事のない食べ物を開拓する事も好きです。

好きな食べ物は寿司とラーメンです。


I just want to thank the fans who have followed me through my career in Japan and for all of the support I have received during my years here. Please come and support Toyota and we will do our best to become champions of japan top league.


私は日本にいる間に多くのファンの方々に支えられてきました。

この場をお借りしてお礼申し上げます。

これからもトヨタ自動車ヴェルブリッツの応援をよろしくお願いします。

私たちもベストを尽くしトップリーグチャンピオンになります。


thank you



Verblitz Blog

試合に向けての意気込みだけでなく、身近なプライベートのことなど、選手目線の記事を掲載します。ヴェルブリッツのディープな情報チェック。

0コメント

  • 1000 / 1000