選手リレー日記(第24回)山口修平 Shuhei Yamaguchi

いつもVERBLITZを応援頂いている皆様、こんにちは。

今回のリレー日記は山口が担当します。


さて今回は1周目ということで僕のことを少しでも皆様に知っていただきたく、これまでのラグビー人生を振り返りたいと思います。

ぜひ、最後までお付き合いください。


1.ラグビーと出会う前

実はラグビーと出会う前はサッカー少年でした。

僕が入ったチームはとにかく厳しいチームで、毎日、コーチにどつかれながら練習していました笑 (今はすごい優しくなったみたいです。)

競り合いで負けた後の地球ヘディング、

富山遠征敗戦後の50m×100本ダッシュは人生で1番キツかったと言っても過言ではないトレーニングでした笑


2.ラグビーとの出会い

同志社香里中学には砂のサッカー場、人工芝のラグビー場があり、人工芝でスポーツをするためラグビー部に選択しました。

中学のラグビー部は小学校のサッカーチームとは対照的でした。

たまに来るOBがコーチで自由にラグビーに打ち込むことができました。

自由にのびのびラグビーをし過ぎたせいか、身長が急激に伸び、成長痛に悩まさせるほどでした↓↓(1番大きいのが僕です。)


3.高校時代

高校生の頃はとにかく世界的プレーヤーのマネばかりしてかっこつけてました。

これはソニービルウィリアムズのオフロードパスをイメージした時です。


4.大学時代

大学時代はとにかくラグビーに熱狂していました。大学の講義中、昼ごはん食べる時といつもラグビーのことを考えていました。

大学で僕に関わってくれた人たちはラグビーの楽しさを再認識させてもらって、感謝しています。


5.最後に

今まで、大きなタイトルを獲得した経験がなく、ヴェルブリッツでは必ず優勝したいと思います。

トップリーグ優勝に貢献出来るように尽力しますので、

引き続き応援よろしくお願いします。

最後までお付き合い頂きありがとうございました!

山口修平

Verblitz Blog

試合に向けての意気込みだけでなく、身近なプライベートのことなど、選手目線の記事を掲載します。ヴェルブリッツのディープな情報チェック。

0コメント

  • 1000 / 1000